病は気からOL 名言「献立はフレーバーから考える」をGETする

こんにちは

昨日は夕飯後あたりから体調に変化が・・・

節々の痛み・・・扁桃腺のあたりの痛み・・・悪寒・・・・

震えながらベッドにもぐりこみ、

寝てる間も熱で体が熱くて、悪寒で寒いのと繰り返しで、

非常〜〜〜〜〜に苦しかったのですが。。。。

 

・・・起きたら治ってました^^

病は気から^^(笑)とりあえず葛根湯は飲んでおきました。

 

今日は献立の話

 

私のオフィスはフリーアドレス(座る場所自由)なのですが

今日は、

ほぼ毎日朝晩のご飯を作っているという主夫の方が目の前に座っていたので思わず質問しました

(お子さんはおらず、夫婦2人の生活で、料理を担当しているようです。)

 

私「Sさん!業務外ですが聞いてもいいですか?いつも、献立ってどうやって考えてるんですか?」

Sさん「あ〜献立ね〜。それは、フレーバーでだね〜。」

私「・・・フレーバー・・・!?」

Sさん「食材とかから考えるというよりも、何味にするかっていうのから考えるかな〜。

   例えばミネストローネとトマトソース系の炒め物って全く別物だけど、トマト味であることには変わりないからさぁ。似た味続くと飽きるじゃん?」

私「たしかに・・・最近それ思ってました・・和食とか基本「醤油・酒・みりん」の味ですよね・・」

Sさん「そうそう、だから飽きないようにフレーバーから考えて、それで献立つくるかな〜。」

私「なるほど・・・!!」

Sさん「で、段階を経て、ゆずこしょうとか塩麹とか行き着くわけよ。ゆず胡椒に突入したらセカンドステージって感じだね。(笑)俺はそこに行き着くまで6年くらいかかったけど。」

私「なるほど(笑)」

Sさん「俺もまだぜんぜんだから本みながらつくるけどね〜。」(といっても20年選手の大ベテランさんです)

私「へ〜!お気に入りのとかあるんですか?」

Sさん「うーん、100冊くらい持ってるからな〜。でもやっぱり一番好きなのはコウケンテツのかな。あとは平野レミ、あとおかまちゃんのマロンって人のも。」

私「!!!!!!100冊やばいですね・・・その人たちのどの辺がお気に入りなんですか?」

Sさん「コウケンテツはなんといったらいいかわかんないけど一番好きなんだよなぁ。

平野レミはレミパンでさ、フライパンひとつで〜っていうのの先駆けというか、やっぱりそういうの助かるしさ。マロンは、おかまちゃんだからこそ指先とかまで綺麗にしてて気を遣ってて、そういうのが目に優しいからいいなと思う。料理本で、汚い手が写ってるより綺麗な手が写ってるほうがいいじゃん?」

・・・・とのことでした(笑)

写真に写る手まで。。。奥が深いですね。(笑)

上にリンクをはったレミパンの記事を読んだら、

なんか、レミパン・・気になる存在に(笑)

 

とにかく、

手持ちのフレーバーの数があればあるほどレパートリーが広がると言われ、

たしかに!!!!!!と感銘を受けたのでした。

 

わたしもフレーバーから考えるという切り口も念頭に置きつつ

日々の献立考えていきたいと思いました♪

 

とりあえずは柚子胡椒・・?(笑)

 

(^^)ノ

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。